2010-07-08 07:31:49 PST

MSI、冷却性を高めた進化版Twin Frozr II搭載ATI Radeon HD 5870搭載カード「R5780 Lightning Plus」などを発売

 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社は、同社独自設計の基板に、独自冷却ユニット「Twin Frozr II」の進化版を組み合わせた、AMDのATI Radeon HD 5870搭載オーバークロック仕様グラフィックスカード「R5780 Lightning Plus」と、「Twin Frozr」の採用により静音性と冷却性を高めたNVIDIA GeForce GTS 250搭載グラフィックスカード「N250GTS Twin Frozr 1G V2」を発売した。

 「R5780 Lightning Plus」は、従来のTwin Frozrの8mm×2と6mm×2のヒートパイプ計4本構成から、8mm×2、6mm×3の5本に変更するとともに、ヒートシンク部のフィンを35枚から50枚に増やすことで、さらなる冷却性アップを図った。このほか、GPUやメモリごとに専用の電源層を用意し、オーバークロックを前提にした15フェーズ/240Aの電源回路を搭載。また、同社がミリタリークラスと呼ぶHi-Cc CAPタンタル樹脂コンデンサや固体チョークコイルを採用するあたりは、従来モデル通りだ。なお、動作クロックやメモリ容量には変更がなく、コアクロック900MHz(リファレンスモデルは850MHz)で、メモリクロック1.2GHz(データ帯域4.8Gbps)のGDDR5 SDRAMを1GB搭載。ディスプレイインターフェースは、デュアルリンクDVI-I×2とDisplay Port、HDMIを装備する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は52,800円前後だ。







 一方、「N250GTS Twin Frozr 1G V2」は、6mm径の銅製ヒートパイプを3本備えたTwin Frozr IIを採用し、一般的なヒートパイプ搭載クーラーよりも約18℃ほどGPUの冷却性を高めることができると言う。動作クロックはコアクロック738MHz、メモリクロック1.1GHz(データ帯域2.2Gbps)で、1GBのGDDR3 SDRAMを搭載。ディスプレイインターフェースとして、デュアルリンクDVI-I×2を装備する。なお、同製品は、従来モデルの「N250GTS Twin Frozr 1G」にDVI−HDMI変換、DVI−Dsub 15ピン変換コネクタや、S/P DIFパススルーケーブルを付属させたバージョンとなる。価格はオープンプライスで、市場想定価格は12,980円前後。






エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
http://www.msi-computer.co.jp/

製品情報
R5780 Lightning Plus
http://www.msi-computer.co.jp/products/VGA/R5870_Lightning_Plus.html

N250GTS Twin Frozr 1G V2
http://www.msi-computer.co.jp/products/VGA/N250GTS_Twin_Frozr_1G_V2.html

 

jp Best View in 1024x768
EXpertsPC ®2005 All Rights Reserved