2011-02-28 01:28:37 PST

OCZ TechnologyのSATA 6Gbps SSD「Vertex 3 Pro」スニークプレビュー

 OCZ Technologyは、SATA 6Gbpsに対応した次期エンタープライス向けSSD「Vertex 3 Pro」を今四半期中に市場投入する。われわれは、そのエンジニアリングサンプルを入手し、パフォーマンスを検証する機会を得た。
 Vertex 3 Proは、SSDコントローラにSandForce社のSF-2582を採用、SATA 6Gbpsに対応するとともに、NANDフラッシュには東芝のToggle DDR 1.0対応34nmプロセスを採用したMLCチップのTH58TAG7D2FBA89を搭載することで、パフォーマンスと信頼性を高いレベルで両立させる。今回入手したエンジニアリングサンプルは、開発中の製品ということもあり、コントローラがSandForce社のSATA 6Gbpsコントローラの最上位モデルとなるSF-2682VA1-ESになっていたが、これは同社がSF-2500シリーズの開発キットとして同チップを供給していたためであり、SF-2600シリーズとSF-2500シリーズは管理セクタサイズが異なるだけなので、ファームウェアでSF-2582相当として動作させているということだ。なお、製品版ではコントローラチップはSF-2582VA1-SCDに変更される見通しだ。また、Vertex 3 Proは、エンタープライズ市場向けということもあり、より安定した電源供給を可能にすべく、基板上に0.09F/200mΩのフラットタイプのコンデンサであるCAP-XXのHZ202を搭載しているのも特徴の一つだ。

SandForceのSF-2582を搭載しSATA 6Gbpsに対応した、OCZ Technologyの最新エンタープライズ市場向けSSD「Vertex 3 Pro」


Vertex 3 Proの基板表面。SF-2582の特徴である8chインターフェースを活かし、表面と裏面に各4chのメモリ配置を施している


Vertex 3 Proの基板裏面。4ch、8つのNANDフラッシュメモリに加え、電源の安定化のためにフラットタイプのコンデンサを搭載


NANDフラッシュチップには東芝のToggle DDR 1.0対応MLCチップのTH58TAG7D2FBA89を採用


 このSF-2582は、8ch/16wayインターリーブに対応したコントローラで、32命令の同時発効もサポート。ECC(Error Correction Control)機能は、20nmプロセス世代のNANDチップにも対応できるよう、55bit/512byte(512バイトセクターあたり55bitのECC制御)に高められている。また、SF-2582では、SandForceが“DuraClass Technoogy”と呼ぶ、SSDの書き換え寿命を向上させる技術をサポート。同技術では、ブロック管理やウェアレベリング精度を向上させるとともに、ガベージコレクション機能を強化するなどして、より効率的かつインテリジェントなNANDチップの管理を実現。一般的な利用環境においては5年以上の製品寿命を実現すると言う。また、同チップはコントローラにバッファを内蔵しているため、外付けのDRAMバッファを搭載する必要がなく、2.5インチサイズでも、容易に8chののフラッシュメモリ実装を可能にするのも特徴だ。なお、本コントローラ自体はToggle DDR 1.0のほかに、ONFI 2.2にも対応しており、コントローラとNANDフラシュメモリ間のインターフェースは最大166MT/sまでサポートしているが、Vertex 3 Proでは東芝製NANDチップを採用している関係で、同インターフェースは133MT/sに抑えられている。なお、OCZ Technologyは、そのパフォーマンスをリード最大550MB/s、ライト最大500MB/s、4Kランダムライトで最大70,000IOPSを実現すると公表している。


試用したエンジニアリングサンプルには、SF-2582の上位モデルのSF-2682VA1-ESが搭載されていたが、機能はSF-2582相当で動作していた


SF-2500シリーズのブロックダイヤグラム。NANDインターフェースはONFi 2.2とToggle DDR 1.0に対応。55bit/512byteのECC機能を備えるほか、よりインテリジェントなウェアレベリングやブロック管理を実現し、フラッシュメモリの耐久性を高めると言う


 今回、短時間ではあったが、以下の環境でVeterx 3 Proのエンジニアリングサンプル(200GBモデル)のパフォーマンスを検証することができた。

Intel P67プラットフォーム
・マザーボード:ASUSTeK Computer P8P67
・CPU:Intel Core i7 2600K
・メモリ:DDR3-1333 4GB
・OS:Windows 7 Ultimate 64bit(英語版)

Intel X58+Marvell 88SE9123プラットフォーム
・マザーボード:ASUSTeK Computer RampageIII
・CPU:Intel Core i7 930
・メモリ:DDR3-1066 6GB
・OS:Windows 7 Ultimate 64bit(英語版)

■はたして、SATA 6Gbps SSD最速の評判は事実か

p.2へ(下の矢印をクリックしてください)

 

jp Best View in 1024x768
EXpertsPC ®2005 All Rights Reserved